ハワイ在住を夢見るスタイリストのひとりごと。海とイルカをこよなく愛す。


by surferstylist

大バトル!

f0066926_0551462.jpg最近特に仕事で忙しい彼。そのおかげですっかり待ちぼうけばかりの私だが、久しぶりに二人で街へお出かけ。向かうは表参道・LOUIS VUITTON前。
でもやっぱり待ち合わせに遅れてきた彼。そして閉店していたVUITTON。食べれなかったロブスター(前日に食べたい~と言っていたのに。。。)。見れなかったジミーチュウ。仕事で疲れていた彼。etc。。。
こんなくだらないイライラが積もりに積もってついにケンカしてしまった二人。楽しみにしていたフライデーナイトだったのに会って30分もたたないうちに、ものすご~く険悪なムードに…。

友達とメールをしていた私に

「邪魔みたいだから、オレは帰るよ」

と、一通のメールが。顔をあげたら彼の後ろ姿が…

追い掛けてはみたものの、ここは表参道。みんなの視線も気になるから派手にケンカはできない。謝らなきゃ、と思っている矢先に彼は背を向けて消えて行ったので、直ぐさまタクシーを拾い帰って来てしまった私。携帯の電源もきり着信50件をshut out。そして直ぐさま追い掛けてきた彼(同じ家に帰るのにわざわざ二台のタクシーを使い…バカな私たち)。

帰ってきても何が解決するわけでもなく、引き続き気まずい空気。散歩に行くといって一人cafeへと消える私。スーパーの寿司を食べる彼。(とにかく最低な二人だぁ。。。)
気分を入れ換えて家に戻った私が目にした光景は・・・

爆睡状態の彼。。。そりゃ疲れてるのは分かるけど・・・・・
ますます、怒り奮闘!謝る準備ができていた私に油を注いだのは彼だった。。。
そんな怒りをメールで送りつけ、翌日から音信不通となる私。
仕事をしながらメールを朝までまち続ける彼。

そして月曜日、連絡のない私を家でまつ彼。
後輩と飲みに行く私。(とことん、最低な二人…)
私が帰るやいなや、「なんでいるの?帰ってよ!」(うわぁ~、最低なわたしだ。。。)
バトルが繰り広げられ、結局帰っていく彼。。。そして、怒りや悲しさが自分の中でキャパ越えしてしまい電話でバトル開始!

夜中3ジ。電話が切れたかと思いきや、自宅に帰ったはずの彼がまた戻ってきてくれたんです。

「こんな思いをさせてごめんね」

涙が止まらなかった・・・。わたしにとって幸せは、不安と向かい合わせのような気がしてとても怖い。幸せであればある程ものすごく不安だ。ケンカもないし、すごく幸せ!と言ってくる人も中にはいるが、本当に一かけらの不安もなさそうで羨ましい。。。ケンカする程仲がいい!という言葉はあるものの、本当に実感する。彼はケンカしたときに

「皮肉だけど、こういう時にあなたの愛をかんじる…」

と、言ってくる。確かに後先考えずに突っ走る瞬間だ。好きだから本気でケンカするし、好きだから思ってもいない事を言っちゃうし。
恋愛に正解はないですけど、みなサンはどんな考え方ですか?
[PR]
by surferstylist | 2006-11-03 00:55 | 日記